7月中にもう一つサイトを作ります

7月は記事があまり書けていませんし、多分ほとんど更新しません。

理由としては、2つあります。

1つは思いのほかネーム作業が進まなかった上に、予定になかった50p程度の作品に着手してしまったことです。中々スケジュールが守れずヤキモキしますが、7月はネームばかり考えていたおかげでようやく何となく「話作り」が分かってきた気がします。

読み手が何を望んでいて、それを汲み取りながらも自分が好きなようにするというコミュニケーション、表現の方法がようやく分かってきた気がします。ですので、この作品は私の本当の意味での「処女作」になってくれる気がします。今年の集大成として何とか間に合わせたい。

もう一つはタイトル通り。

このサイトから「ウサギ神社」を分離して別サイトとして立ち上げたいという考えがあり、そのために色々準備しないといけないからです。

「神社」は毛先が違っていてかなり扱いに困っていた所があったんです。このやり方は誰も得してないなと思っていました。

趣味でこそこそやっている「占い」に対する考えも固まってきたのでそれと合わせようかなと。

サイトの目標は「この世にはびこるクソスピリチュアル及び詐欺師を撲滅すること・被害者を減らすこと」です。

ということで、何とか7月中にサイトを立ち上げたい。頑張ります(多分8月^^;)

では、さよなら。

映画『チェイサー』の感想とそこから考える韓国映画

『チェイサー』予告編

先日『アングスト/不安』を鑑賞しに行きましたが、当初予想していたような不可解で猟奇的な映画ではなく、かなりキチンと作られた映画だという感想を抱きました。

それはそれでいいことなのですが、期待と反するものが出てきて私の中に行き場のない怖いもの見たさの鬱憤が溜まりましたので、Netflix等のサブスクでも見れる韓国映画『チェイサー』を観ました。

韓国映画といえば、バイオレンス表現に定評があるからです。

しかし、再度『チェイサー』を観て初回の感想と違う感想を抱くと同時に、韓国映画への見方も少し変わったので記事を書くことにしました。

“映画『チェイサー』の感想とそこから考える韓国映画” の続きを読む

映画『アングスト/不安』を鑑賞してきた感想・レビュー

壁にびっしり貼られた『アングスト』ポスター(笑)

色んなネットニュースで扱われていて前から気になっていた『アングスト/不安』を観に行ってきました。

1983年に公開され上映禁止となった映画であるにも関わらず、こうして時を経てスクリーンに蘇るだけの強力な作品だけあって、ニワカ映画好きの私も思う所がかなりありました。

忘れないうちに書き留めておきます。

今回の感想は我ながら的を射すぎているので、もはや解説だと思ってください(笑)

“映画『アングスト/不安』を鑑賞してきた感想・レビュー” の続きを読む