『えんとつ町のプペル』西野抜きの純粋な映画作品としての感想・批評・分析【ネタバレあり】

批評するためワンデーパスを利用してプペってきました(笑)

プペってきました(笑)

今、何かと悪い意味で話題の「プペ」ですが、そういう作品と関係ない面が一人歩きしているからこそ、創作を愛する人間の一人としてキチンとこの作品を正面から批評・分析しておく必要があると思い鑑賞してきました。

従って、現実と切り離した純粋な作品としての批評を以下から進めていく訳ですが、切り離したはずの歪な現実が作品に立ち戻ってくるという点で、私は酷く感動せざるを得ませんでした。

やはり、創作というものは作り手の内面が現れるのだと、創作に対する希望を見出した次第であります。

(※補足ですが、この記事を書くにあたり、こういうレビュー記事をいくつかと、「映画.com」上のレビューは全て読みました。その上で自画自賛ですが、私のレビューが一番作品と向かい合っている自信があります。)

“『えんとつ町のプペル』西野抜きの純粋な映画作品としての感想・批評・分析【ネタバレあり】” の続きを読む

『鬼滅の刃』漫画作品としての考察と分析・感想と批評【漫画技法編】

童磨アイキャッチ画像

(鬼側ですが、個人的には「童磨」が富岡の次に好きです。)

最初にお断りをいれさせて頂きます。

一連の分析を書くにあたり、十分に『鬼滅の刃』を読み込み、自分の中である程度まとまった文章に出来るまで理解に落とし込んだつもりだったのですが、本記事を書いている途中に私の考えの至らなさを気付かされてしまいました。

それで、どうしようかと悩んだ末途中で分析記事を書くのを止めてしまいました。申し訳ございません。

私が途中、何に気付いてしまったのかをご覧ください。

漫画作品を構成する要素の内、最後の「漫画技法」について『鬼滅の刃』を見ていきます。

「漫画技法」はこれまでの【シナリオ編】【イラスト編】で考察した要素を漫画作品としてまとめ上げる結節点であり、ここに最も作家の個性が出ると考えています。

“『鬼滅の刃』漫画作品としての考察と分析・感想と批評【漫画技法編】” の続きを読む

『鬼滅の刃』漫画作品としての考察と分析・感想と批評【イラスト編】

しのぶアイキャッチ画像

(鬼滅キャラは描くのが難しい?)

【シナリオ編】に続き、【イラスト編】ということで、漫画を構成する要素の内、『鬼滅の刃』の「絵」について考察を行っていこうと思います。

「絵」というのはそもそも何を指すのかということを始め、非常に議論が難しい部分だと考えるのですが、視覚情報というのは人々の作品に対する印象を大きく左右するので避けて通れない部分でもあります。

そして、『鬼滅の刃』はどちらかというと「絵が上手い」作品なのだということを主張したいです。

“『鬼滅の刃』漫画作品としての考察と分析・感想と批評【イラスト編】” の続きを読む

『鬼滅の刃』漫画作品としての考察と分析・感想と批評【シナリオ編】

富岡義勇アイキャッチ画像

(※ごめんなさい、富岡の羽織の柄普通に間違えました。)

2020年も終わろうとしていますが、今年のエンターテイメントを語る上で『鬼滅の刃』を外すことは出来ないでしょう。

日々更新されていく各方面の数字や記録はともかく、メディアが多様化し、人々の関心が分散・狭窄しがちなこの時代に、このような老若男女・趣味嗜好問わず、まさに「大衆」の視線を集める作品が生まれたことは歴史的快挙です。

そして、私自身も一応漫画表現を探究しようとする人間の端くれですから、このように多くの人々に受け入れられた作品を分析しない訳にはいきません。

それで、『鬼滅の刃』の何が漫画作品として優れているのか、何故ヒットしたのかを私なりに分析し、吸収したいと思います。

“『鬼滅の刃』漫画作品としての考察と分析・感想と批評【シナリオ編】” の続きを読む

映画『TENET』の個人的な感想と解説【メタ視点編】

パンフレットを買いたくなるというのは良い映画だという事です

ネタバレあり。作品の鑑賞を前提としています。

映画『TENET』の個人的な感想・解説です。

【世界観編】では鑑賞者の視点からの感想・解説を書きましたが、この【メタ視点編】では、制作者側の視点からの感想・解説を書こうと思います。

すなわち、作品を作る側に立って、この作品の何が素晴らしいのか・何故そういう演出やストーリーにしたのかということを考察していきます。

“映画『TENET』の個人的な感想と解説【メタ視点編】” の続きを読む

映画『TENET』の個人的な感想と解説【世界観編】

『TENET』パンフレットを購入

ネタバレあり。作品の鑑賞を前提としています。

映画『TENET』の個人的な感想と解説です。

IMAXレーザーで2回目の鑑賞も終わり、自分の中で『TENET』という作品をようやく消化することが出来たので、感想を書いておきます。

【世界観編】と【メタ視点編】という鑑賞者側の理解、制作者側の理解という挟み撃ち構成で書いて行こうと思いますが、書きたいことが多すぎてどこから始めるかというのが問題です。

“映画『TENET』の個人的な感想と解説【世界観編】” の続きを読む

映画『チェイサー』の感想とそこから考える韓国映画

『チェイサー』予告編

先日『アングスト/不安』を鑑賞しに行きましたが、当初予想していたような不可解で猟奇的な映画ではなく、かなりキチンと作られた映画だという感想を抱きました。

それはそれでいいことなのですが、期待と反するものが出てきて私の中に行き場のない怖いもの見たさの鬱憤が溜まりましたので、Netflix等のサブスクでも見れる韓国映画『チェイサー』を観ました。

韓国映画といえば、バイオレンス表現に定評があるからです。

しかし、再度『チェイサー』を観て初回の感想と違う感想を抱くと同時に、韓国映画への見方も少し変わったので記事を書くことにしました。

“映画『チェイサー』の感想とそこから考える韓国映画” の続きを読む

映画『アングスト/不安』を鑑賞してきた感想・レビュー

壁にびっしり貼られた『アングスト』ポスター(笑)

色んなネットニュースで扱われていて前から気になっていた『アングスト/不安』を観に行ってきました。

1983年に公開され上映禁止となった映画であるにも関わらず、こうして時を経てスクリーンに蘇るだけの強力な作品だけあって、ニワカ映画好きの私も思う所がかなりありました。

忘れないうちに書き留めておきます。

今回の感想は我ながら的を射すぎているので、もはや解説だと思ってください(笑)

“映画『アングスト/不安』を鑑賞してきた感想・レビュー” の続きを読む