【満月ポン】ウサギもにっこり(^o^)シンプルすぎる故に予測不能なお菓子

「満月ポン」パッケージ

「満月ポン」というお菓子をご存じですか??

関西では有名なお菓子らしいのですが、私は関西在住でありながら、つい最近その存在を認知しました。幼いころは食べていたようなのですが、全く覚えてませんでした。

というのも、コロナが流行ってからは家の中にいる時間がさらに増え、自然とテレビ番組を見る時間も増えたのですが、ここ一週間(3/12~3/19)ぐらいで「満月ポン」という単語を3回ぐらい目にして(気のせいではないと思うのですが……)かなり気になっていました。

それで、「満月ポン」を人生で初めて意識して食べてみようと思ったわけです。

「満月ポン」パッケージのウサギ

パッケージを見て、私は驚きました。

「ウサギじゃん!!」と。

そりゃ、満月にウサギは付き物ですので珍しくはないですが、まさかこんなところでウサギを見るとは思っていませんでした。

「満月ポン」パッケージ
「満月ポン」パッケージ

注目すべきはウサギの顔です。

「満月ポン」ウサギの顔
「満月ポン」ウサギの顔

(^o^)

(^o^)

こういう何とも言えない感じ、好きなんですよね。

ずっと見てると、これ以外正解がないみたいに思えてくる表情です。

「満月ポン」実食

さて、気になるお味の方ですが、1枚取り出してみました。

本当に見た目は見た通りと言いますか、「THE・ポンせんべい」です。

粉を膨らまして、醤油ベースのタレを塗ったんだろうなということは疑いないですし、隠し味を仕込む余地なんて残されていないような、素朴なお菓子です。

「満月ポン」中身
「満月ポン」中身

「満月ポン」という商品名のとおり、満月のように真ん丸な形をしています。

では、いただきます。

一口食べて三日月になった「満月ポン」
一口食べて三日月になった「満月ポン」

これはビックリしました!

クセになって止まりません!

なんでだろう??

味は本当にシンプルなんです。食べる前から分かっていたように、粉と醤油と若干の甘さがします。これは予想通りなんです。

けれども、その配合というかバランスのなす業なのか……、素材が分かっていても、予想と違う味がするんです。

何口食べてもどうなっているか分からない。それがクセになるのではないかと思いました。

まさに、シンプルすぎるからこそ為せるお菓子だと思いました。

それに気づくと、ウサギの表情が強(狂)キャラのそれに見えてきます。

正直、食べる前は味が計り知れるなと思って舐めていました。すいません。

他にも色々な味があるらしい

公式サイトを見る限り、他にも色々味があるようです。

それにしても、可愛いサイトだなあ……

今回で「満月ポン」の底は知れないと思ったので、他の味を食べ次第、順次この記事に追記していこうかなと思います。

まだまだ身近なことでも知らないことは多いなあ、と思う次第です。

では、さよなら。

濃い~味満月ポン(醤油1.5倍)

濃い~味満月ポン(醤油1.5倍)
濃い~味満月ポン(醤油1.5倍)

相変わらず、写真の撮り方が雑な気がしますが、これを食べた味の感想です。

味は、まさにパッケージそのままです。
醤油が心持ちきつくなって、味も濃くなったなと思います。

この味付けだけ食べていると、元からこんな味かと錯覚し始めました。

そこで途中、普通版を食べてみたところ、やはり味は結構違いました。
個人的には普通版の方が美味しい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です